投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

私のツインカム

イメージ
冬のメンテナンス パンヘッドともなるとほとんどがマッチングでないのは当たり前ですが 直してしまえば下手なマッチングより良くなってしまいます ケースはもとよりフライホイールやシャフトまで年式違いが横行してる古い車両は 元に戻そうとするとびっくりするぐらいお金がかかる話をよく聞くので それなりに年式の互換性を臨機応変にして修理するのが良いです。

メインベアリングもレース毎交換ですね2020年中に乗れるでしょうか、、、 私の乗ってるツインカムはこんなことありません。。 まぁのんびり丁寧に仕上げましょう



こんどはケースが年式違いのショベルヘッド NCで内径を削ってクリアランスを取るところから始めます
フライホイールがケースとのクリアランス紙切れ一枚入らなく全面接地してどの場所でも 止まる状態からの修理 もちろん私の乗ってるツインカムはそんなことありません。。
下がアフター これでオイルが入っても抵抗なく回ります

こんな状態でも直してしまえば素晴らしいエンジンです! これでツインカムと渡り合えるでしょうw

これローターを逆に組んでマグネットが邪魔しないようにしてメインベアリングの クリアランス後にスリーブもワッシャーも寸法調整してテストします、何度も外しては組み込み削っては計測してとても面倒ですがこれをしておけばトラブルは減ります プーリー締め付けてからコンロッドが下からスルッと抵抗なく上がって来れば どこでベルト交換してもキックが重くなるとか調子が悪くなったりしません。
もちろん私の乗ってるツインカムはこんなことは無用ですが、、
時間もお金もかかるけど修理さえすれば旧車は素晴らしいですね。

こだわりのハードワーク

イメージ
ダイナのガソリンタンクを加工してみました 寸法を出して比べてみると わずかですが両側1インチずつ幅が狭いのです

そのわずかな差でシルエットが全然違います もちろん燃料は減りますがカッコイイこと間違いないでしょう
後ろ側もわずか1センチ! 多分誰も気がつかないと思う

なんとか仮止め! こうみると全然違います ワクワクして仕方ありません!


興味のない方には到底理解できないでしょう でも
これがこだわりってやつです

今年もよろしくお願いします

イメージ
新年明けましておめでとうございます
2020は1月4日から営業しました
まずは昨年の修理塗装から 2件連続でフィニッュ! T-カウルは樹脂製なのでえぐってしまうと修復は難しいです
樹脂パテを使うほどでもなかったのでポリパテで 硬化時間を多分にとり
バッチリメタリックが馴染みました
どこが傷だったのかわかりません。




続いてこちらは 94年あたりのボブフェンダー これはオリジナルペイントなので厄介です!
というのは上手く調色できてもサンバーストで変色してるので 出来上がった塗料に一工夫して合わせました 部分的に修復してボカし 仕上げに修復箇所以外は傷を残し軽くトップコートで仕上げました!



チョッパーからオリジナルの復元まで幅広く対応させて頂いてます
地味な仕事から派手なショーバイクまでお気軽に問い合わせください
2020年も皆様のバイクライフがワクワクさせるようなお手伝いをできれば幸いです。