投稿

SUZUKI T500 TITANに乗る男

イメージ
ぶっ飛んだね〜 頭の中からハーレーがぶっ飛んだ! 絶版車JAPAN凄いな!
ツーストローク500ccの軽さ速さハマりました 音がエキサイティングでトルクもあるからゆっくりも走れて乗りやすい
元々人と同じなものが嫌いな性分だった自分がいつの間にか みんなと同じものの中に埋もれてたような気がするかな
こういう気持ちがが寒くてもジャンバー着てまでバイクに乗るっていうシーンを 作り出していくんだよね!
概念を新鮮に保つ事が歳を重ねることに難しくなっていく 既成概念をぶち壊す自分を忘れてはいけないと思う、、




パーツのデザインがオシャレで1975年の日本製魂を感じます。

プラスするカスタムの時代

イメージ
近年はビキニカウル やサイドバックなどまでクールに取り付ける カスタムスタイルが多いですね! 今でも根強い削ぎ落として何もないようなチョッパーも影が薄い気がします
相変わらずダイナやFXRにバガー などが人気です
私感ですがバブルの時代はこのバイク動くのかな?ってぐらい配線すら 見当たらないカスタムが多かったけど。。
今は世界的にも不景気でそんな時代は必ずと言ってアウトドアが流行する カスタムはリッチに高級なカウルやハードバックを装着してる
景気がいいといかにも貧しそうなバイクが流行って 景気が悪いといかにも富裕層みたいなバイクが流行るのか
そんな気がしてるのは私だけ?でしょうか、、、



FXR
今年のカスタムショーに向け渾身のFXRチョッパー作ったけど イベントこと極なくなりショップの隅に佇んでます(涙
いつの日かまた機会があればお披露目したいですね!
またそんな時代が戻ることを祈ってます。

ショックコード

イメージ
テントポールのショックコードが最近千切れそうで気になって、、 やっと交換することに!

Helinoxテントはもう4〜5年使ってるけど3年目から伸びてるな〜と思ってた 危うくちぎれてバラバラになるところだったw

何事も早めの手入れ大事です。
ちなみにAmazonで千五百円ぐらいだったw

北海道行きたいな!

イメージ
今年はウィルスと言ういまだかつてない事をたくさん学び 生活が激変しました!
ショップへの来店者は著しく減ってただただ静かに生活してた感じです。 いつまで続くのか見当もつきませんが、世間など気にしないはずのアウトローっぷりのハーレー乗りも少しおとなしく見えます。
僕のハーレー のバッサーニのサウンドですら気がひける感じw
まぁそれとは関係なく今年はスーパーカブで走りまくり休日はキャンプしまくり! 夏だけで3000キロ以上走りました


ひたすら信号の無い裏道で!
もちろん高速道路や有料ですら乗れないところもあったりでナビどうりに目的地に行けない 原付という類!
それはそれでセーブマネーでのんびり旅 しかしながら気づけばすぐに止まれる気軽さはいい思い出やいい写真が沢山取れた!



何回か数人ずうで行ったけど各々ソロキャンプの集団なので いわゆるソーシャルディスタンスでしたw
割とミニマムにソロやるけどこのぐらいの装備でもハーレーに積むととてつもなく 重たいけど、カブはとても軽くて旅が楽々!
遅いけどねw
来年はこの騒ぎが収まっていたらまた
ハーレーで北海道行きたいな。。

ハーレー 屋さんのオフ

イメージ
昨今あらゆるイベントは中止されてテンションだだ下がり傾向ですが、、
とわ言え自分なりに光を見つけてなんとか楽しく過ごしております
先日カブ友と少数で密を避けて避暑地でキャンプ!
大勢で集まってツーリングしていた時代が夢のようです。
大小問わずバイクという乗り物は使い方次第ではとても楽しい
一泊2日乗り回して燃料代は四百円程度に高速乗れないのでほとんどお金を使わず
十分楽しめた
もちろん大排気量でかっ飛ばすのは最高だけど非力なバイクに乗ると
ますますその価値もわかる



ビックキャリアを自作してカブの積載能力はハーレー並!
そしてカブ を乗りながらこんなこと思ってた!
戦闘機に例えるとカブは零戦!ハーレーはグラマン!とこんな差で戦っていたのかな? なんて想像してしまう、桁外れた燃費でどこまでも飛べるけど、軽くて薄いので 打たれたら墜落!一方は重くも大型エンジンで丈夫しかも大量の弾薬を詰めるんだろうな、、
など
黙祷。


そうそう
最近のフェイバリットは軽トラでRV作ってます! これでミニバイク積んで秋のキャンプシーズン楽しんじゃいます。


TC CONVERTへの道

イメージ
さて前回の続き
少しずつ進んできたTCFXR エンジンが前下がりになってしまうのが気に入らないが、、 そこは見ぬふり
後期型ミッション用にインナープライマリーカバーはFLTをゲット
微妙に合わない、、、




約1,5ミリ届かない!

シフトのシャフトの穴加工はうまくいった!

このプレート精密そうで甘いな! 要はTCのエンジンとEVのミッションが1,5ミリとおいのだね!
またエンジン下ろしてやり直しだ! いや〜簡単そうだけど大変な作業だ!
世の中にTCFXRは結構見かけるけど皆困難を乗り越えて作ってるんだな って事が分かりますね!
ますます燃えてきた
けど
大変すぎる (涙)


坂東太郎

イメージ
世の中って不思議なものです 昨日まで良かったことが今日からはダメ!
とか
また大勢でバイク乗ったり騒いだりできる日が来るのかさえ わからないような昨今です
とは言ってもそもそもバイクは一人でも十分楽しい乗り物です
ソロキャン仕様でシーシーバーを作りました!
完全自己満足



そんな中 若い頃 毎日一緒にいた友達でハーレー乗りと飲みがあった 久しぶりの故郷
昔の話とバイク談議が炸裂!
若干一名焼酎がきまっちゃってるけどw
あっという間に深夜
楽しすぎて深すぎてとても危険な夜だった、、
また会いましょう。