2017年2月17日金曜日

黒の誘惑

DYNAのブラックはたまりませんな、、、
ああ、、

ってことで
DYNAの余韻でtequila 5杯

いけるでしょう、、、

2017年2月3日金曜日

暖衝靴下

フォークブーツと言うと昔はゴム素材のジャバラのグリースチューブみたいな
オールドスクール御用達名なイメージを想像することでしょう

別に新素材ってわけではないが今やネオプレーン素材で
SHOCK SOXと言う斬新なアイデアな物に人気を奪われてる

まあサーフィンのウエットスーツの素材と言えばわかりやすい
それにしてもイージーでクールだと思う
ベルクロでジリジリっとフィット!
わざわざフォークを取り外すことも無いし
汚れても簡単に取り外し洗うこともできる

取り外してビールを包めば冷たいまま飲める優れもの


主にオフロード用だけどSTREETの6インチがハーレーには人気
値段も安価で$26ぐらい
今でもドル100円なんて思って購入するととんでもないぞ
個人で買えば米送料とTAXに国内送料とTAXに
日本へはシッピングしていない所もある
時間と手間を考えると国内のショップで4500円ぐらいで
販売してるのでそっちの方がお得だろう

ちなみに今回の輸入分は即日SOLD OUTです




画像奥のDYNAはSTREET6で
手前はDXTはDIRT13
これでロングやキャンプでのダートで砂も気にならない。


2017年1月31日火曜日

流行通信

ようやく定例挨拶の明けまして〜
なんて面倒な挨拶もなくなって普通にこんちわ〜ってイージーな始まりになって
寒さの中にも穏やかな日もあったり
なにげに日が延びてたりしてようやく動き出した今日この頃です!

仕事の作業の合間に中古車両のメンテしようと思うとバッテリーが上がって
いたりで充電しなきゃ火が入らなかったりと冬の寒さの仕業はまだまだだ!
ガルウイングのようにシート上げてバッテリーが出て来るととてもメンテナンスが楽チンです。

春の準備もそろそろしなくてはあっという間に春がきます
ツーリングにキャンプと様々
最後に行ったキャンプのフライパンに食べ物そのままだったなんてことないように
要チェック!

こりゃなんだろう?
プロジェクトのお手伝いなんかもしてますが、、、
ワクワクしますよ!
勉強させられますね、こんな感じであ〜してこ〜してなんてやってる時が
一番楽しいのですね、、、どうなるんだろう?
ほんと人ごとは楽しいです。

カジュアルなバイクのプロジェクトのもう一台も追って現在進行形
少しアレンジの変更があるのでまたのお楽しみです。

ナローチョッパーにショートカスタム、ロングフォークにビレットバイク、
カフェレーサーにクラブスタイルなど沢山ある中で
今度は何がくるんでしょうか?なんてよく訪ねられるけど
近年の情報社会において流行は一秒で世界に広がる
と言うことは流行は広がりあっという間に次の流行が一秒でやって来る
売れた物はすぐ売れなくなり別の物が注目されまた廃れて行くそのサイクルが昔と違い
めまぐるしく変わってる気がします

十人十色は百人百色へと多種多様で様々なニーズに応えられるように日々精進して参ります。

ちなみに個人的に旅するバイクが大好きです。







2017年1月14日土曜日

USED AMERICAN? MOTOR CYCLE

寒いですな〜大寒波
とは言いながら週末はワイワイやってます。

フュージョンマットブラック仕様です
乗ったことある人は分かりますがビックスクーターの中でも
乗車位置が低くハンドルが高くハーレーで言うところの
ミディアムハイバーでチョッパーとポジションが似てますしかもミッドからフォアコンも随時選び放題と素晴らしい乗り心地!
おまけに燃費良くオートマチックも素晴らしく足もぬくぬく暖かく
さらにETCなんか付いていてスマートに料金所をクリア!
リアのトランクはLPレコード盤がかなり積めてDJ御用達
メインにセカンドバイクにどうぞ!

ちなみにメットインなるスクーターはキャブレター不調や燃料系のトラブル時外装一式
すべて取り外して整備します
このフュージョンはシート外すとほとんどのトラブル解決できます
が、、滅多壊れませんがねw

一度走行中にベルト切れて立ち往生しまして
新品ベルト交換済みの無敵状態であります。



ほとんどオブジェとなってるデスモ
イタリアンな350ccパラレルツイン
カフェにでもしようかななんてコーヒー飲みながら見てるのが一番楽しい
ノーマルで十分カフェスタイルですよ!
バイクはやっぱりノーマルが一番です。


大寒波到来で橋向こうはこんなになってます(笑)
お互い橋向こうと言ってる(笑)

ニックスM/Cから画像リーパクですがこれ2014年の話です
今は安心してバイクで来店できますよ!
今年も
橋向こうの老舗共々
USED AMERICAN? MOTOR CYCLE
JENE CHOPPERSを宜しくお願いいたします

2016年12月24日土曜日

IRON HEART ガレージ

店先にあるガレージ
夢のある場所、男の贅沢、基地と言うか要塞
こんな場所でティータイムなんて贅沢ではないでしょうか、、、

これまたIRON HAERTとヨーロッパYAMAHAのコラボレーション
一見のまとまりが良過ぎて見過ごしがちだが、よくよく見回すと恐ろしい程
クオリティーが高いこれは凄い!大人心をくすぐるな
最近ハーレーよりある意味国産の方が凄いような気がする。




2016年12月21日水曜日

ダルマか!ストーブなのか!

ソリッドボディーをキャンディーでインディゴブルーにペイントしました〜
メーカーでキャンディーカラーも出ているけどそこはオールドスクールで
シルバーから深みのあるブルーまで塗り上げると特徴は光のあたる部分には荒めの
メタリックが浮き出て影はディープブルーになるが夜は全体が深い青に見える
この調整ももう少し濃いめに重ねると昼までも紺色になってしまうので
ここで止める勘所が勝負になるけど細かいことはこの辺にして、、

そもそもこの手のパーツはその昔トレイシーとかって言うところで出していたらしいが15年位前にオレゴンのサイクルハブって言う爺さんと婆さんで営んでいるバイクやに行ったときにさんざん足るバイクの羅列の天井近くに2〜3体星条旗カラーのようなラメラメのペイントされた物が吊るされてあったのを見たのがきっかけだった。

当時でもそれは古めかしくも新しいバイクの近未来を想像して作られた物だろう
と言う雰囲気こそは伝わってきたけどその時はそれほど好きではなかったけど
1〜2年位前に誰か外国人のinstagramの投稿でみて、あのころの印象が強烈に
フラッシュバックして欲しくなったんだけど探したところでボロボロだろうし
確か汎用でトラやCBとKフレームしか記憶が無いので、CRフレーム用を作ればセルもついてるしみたいな感じで始まったのがきっかけかな!

素材はfibir reinforced plastics の頭文字をとって
FRPって呼ばれてるやつ、前に働いていた店ではプロの技術者に教えてもって
チョッパーのタンクやSR用のエルシノアタンクなどを型から作った経験もあるので
板金だけでは表現できない形と強度を今のスキルで作ったらと思い今日に至る
苦労もあったけど、いざ完成するとホント作って良かったと思っています。



それはさておいて

ジャ〜ン!!
ヘルメットでも土偶でもありません
だるまストーブであります!
この冬こいつに火を焼べて鍋でもやりながら熱燗にしてバイク談義?
限定3〜4人ですが、、、そんな企画もあったりして。

そして一人ぱちぱち火を焼べながら次の構想を練ります
来年はダルマのようなチョッパーが、、、ないない。

つか今日日自身がダルマのようになってきました。。




2016年12月12日月曜日

斬りっ♫

今回横浜で行われたイベントでは自身初の日本車カスタムだったので
和と言う物を自分なりのコンセプトでまとめてみた。

まずバイクは山葉XS650の葉と言う文字から松葉の松を連想し
松をテーマに松の枝っぷりをペイントのモチーフに

バイクのディテールは後ほど紹介するとして会場で足を止めて頂いた方々に感謝

松と言えば地松ここ山梨産の松(PINE材)を地元の大工さんに製作いらした
展示台
イベントの後はスチールで足を製作してテーブルにする予定なので
丈夫な素材を用意してもらった。

大変だったのは社名の焼印作りで手作りで一文字人文字製作
これかなり気に入ってます焼印です。

白木のままが仕上がりなことを示すには落款を押さなければいけません

と言うわけで名前の落款を押しました。

前日リハーサルを行った結果メッキのスポットライトが全く違和感
でODELIC製の行灯で決定!

地味この上無し(笑)
ただ日本製にこだわった統一感で満足でした。

小生も良い年回りになったのでしょうか、、、
最近盆栽なんかがゾクゾクします(笑)

夏にはビーサンでバイクを乗り回す私知ってる方は(波田陽区風)このバイクは
もちろん雪駄でしょと言いますが、、、やり過ぎ、、、
着物はだけてふんどし丸見え〜 斬り♫!!!

お粗末様でした。

と言いつつ次回はハーレーでバキバキのキャバレー感丸出しなんてのも
挑戦してみたいです。