投稿

TC CONVERT への道

イメージ
FXRに乗り出して7年ぐらい経つけど 最近はどうも気になるのがコンバートツインカムFXR だ!
頭から離れないのでやってみることにした まず手に入れたのはエンジンマウントプレート! これはいろんなメーカーで出しているのでチョイスは自由

要するにFXRのトランスミッションとTCのエンジンを つなぎ合わせるアダプターのようなもんだね


早速取り付けてみると、、、ミッションがはみ出てしまうのでエンジンにぶつかってる! 仕方ないのではみ出た部分を切断するのですが機械ではできないのでエアーソウとヤスリでシコシコやりましたね(涙)
これで大丈夫! 簡単だと思うけどアルミは流石に2センチの塊削るのは至難の技
あとは乗せるだけなのでチェーンブロックがあれば一人で簡単にのります

純正フレームの剛性は信頼するとしてエンジンも純正ときたら 軽くて早くて耐久性もある! こんな素晴らしいことはないでしょね!
1957年のフレームに1970年のエンジン積み替えたような 感覚が蘇るはずです あ〜久々にワクワクします
先駆者が沢山いるので色々と教わりながら組み上げたいです なのでご指導ご鞭撻賜りますようよろしくお願いいたします。




古の単車

イメージ
最近完成した一台です
制作にあたりオーナーとの打ち合わせで、見せられた画像が ブラピだったりゼロさんのバイクなどでオーナーの意思が伝わりました 要するにオシャレなハーレー的な感じですね イラスト描いてそのまんまに作らせていただいた感じです。

唯一制作途中で付け加えたのはリブプレートのリベットですね これは素材が2ミリ厚のアルミニュームでそれでも湾曲されると剛性はあるのですが 長く一般道の悪路で使用するとクラシックハーレーのフェンダーは 他のバイクと違い長さがあるので さらに剛性を考えてデザインを考慮した結果の産物になり 飾りではなく機能美という備わりになります。





一枚のマテリアルを叩いて伸ばしての繰り返しで完成までは1枚30時間ぐらいかかります

今回のリブプレートですが寸法出しした板をバイブロマシーンに治具を付けて リブを盛り上げてリベット穴を開けてローラーでフェンダーに合わせます

フェンダーが磨きヘアラインで仕上げたらリベットを打っていきます



ガソリンタンクもトンネルを作ってから10ピースで叩き出して、旋盤で タンクキャップやコック口などを製作します。



こんな感じになるまで約90時間もかけていきます丁寧に進めることが納得に 繋がっていくので急ぐような仕事ではありませんが、こうして見返すとかなりの労力を使ってますがそれを全部紹介しようと思えば膨大な情報量なので伝えきれませんが、 良い仕事をさせていただいたなと感謝してます。













ベルトドライブの偏摩耗

イメージ
ベルトドライブの偏りで見てみるとよくpullタイプのアジャスター付いてますが これって左右同じにアジャストしないと意味がないのですが、ほとんど長さ違います! よくよく見れば片側にマフラーがあったり、リアマスターシリンダーや様々なパーツの 配置や、元々特殊工具でもないとしたから回したりロックナット締めて長さ調整するのも感でしかできないので、私は外してリアチェーンとトランスミッションでしっかり調整する派でございます。
でもこれ外すのミッションプレートごと下ろさないと外れませんので 仕事受けるとき顔が歪みますが、お察しください。。

⇧このアジャストのことね

もうスッキリ! キュルキュル言いません 消しゴムのカスもおさらばです。









私は前からステイホームですが何か?

でも stay home !

イメージ
オリジナル展開しているメッセージTEEやパーカー 辞書で引くとそこから『〜から抜け出す』とか『〜から頭を出せ』とか メッセージとしては『人と同じではダメ』的な感じで要は戒めですね! 英語力では多分外国人が『力』とか『サムライ』とかTEEシャツ着てるような ノリってやつです そんなんでウイルスから抜け出しましょう。。


まあ個性的なバイク乗って個性的な服きてチョッパーライフを 楽しむためのギア! そういうグローブだったりヘルメットだったりのアイテムで テンションあげていかないと
ウイルスにやられてしまいます、、
自宅でバイク磨いたりメンテナンスしたり ただ乗るだけでなくアイテム増やしたりそんな家でできること 楽しむのもいいでしょうね!
早く世の中がいつものように賑やかになることを祈ってます。

バイクビルドとPUB

イメージ
先日リアフェンダーの取り付けが終わり 今度はフロントフェンダーの取り付けとリブの製作スプリンガーフォークの フロントフェンダーは苦労するところだね


リブとストラット製作して仮止め! 次にタイヤの扁平率が変わっても対応できるぐらいはクリアランスを取るが オフフロードスタイルから見ればかなりタイトにつけられた!


仕事終われば近所のPUBで疲れを癒すひと時も必要だと思うね お気に入りはHARPERのソーダ割り
お疲れ様。。



SPEEDLINE

イメージ
チョッパー製作につきもののシートベース 俗にいうグラスファイバーを樹脂で固めたものです 本来であれば金型で樹脂を流し込んで作るのが理想ですが 一台一台違うフェンダーやフレームなのでワンオフするしかありません 用意するのはファイバーマット、ファイバークロス、樹脂、硬化剤、アセトン、洗浄用バケツ、ローラーなど 車体にはガムテープやビニールもしくはアルミホイルなどを用意て脱着できる面!を作ります、今回はガムテープ一本を使用
一枚めクロスで2枚目から450マットを3枚ほどで合計4枚 これで十分な強度が保てます 画像は貼り終わった状態でほどようく乾いてからカッティング用にあらかじめセンターにラインを描いておくと対象に成形しやすいです。
成形したら缶スプレーなどで黒くペイントするとシートのデザインを考えるのにイメージしやすいです。
今製作してる65の C H 細身のエンジンはチョッパーに最適 仕事の合間にコツコツと作り続けて1年は経つだろうか、、 結構なレアパーツも揃ったしワンオフもできた、あと少しパーツを変更して、、 細身でサス付きでシートのデザインを楽しみたいお尻に優しいチョッパーでも かっこいいんだっていう脱リジット至上主義!
仮名:SPEEDLINE
とでもしときます。。
完成したら店先に展示しますので是非見に来てください!
ていうか途中経過でも見れる店内なので遊びに来て下さい。



FXRハイバックシート

イメージ
FXRシート第二弾 FXR自体は40年近く前のモデルですが現行モデル同様にスピードクルーザーやクラブスタイルなどのベースで人気のある車両です、がしかし国内では圧倒的にコブラシートやキングアンドクイーンが人気ですがこんなスタイルも世界中でブレイクしています
海外のinstagramなどではアクロバティックなライドで立ち上がったりフリロントupなどのシーンで欠かせないアイテムになってます、海外の製品は昔のシートと比べるとスポンジはとても硬くまさにスタンドupシートという感じで、長めのランだと少しお尻が痛いのでオーダー時にほとんどが耐震ジェルを入れてます 僕のダイナも海外製のジェル入りスタンドupシートですが長距離はやはり痛いですね! では何のためにジェル?と思いますが、耐震!要するにクッションではなくVツインのすこぶる振動によるシビレ!!これには効果絶大ですねw あと太陽で温められたあと乗るとずっと暖かい気がします。
これが日本製のジェル! 1センチぐらいの厚みでプニョプニョして気持ちいいです、海外製の立ち乗りシートよりはロングライドよりにやや硬めぐらいのスポンジなのでどんな体感ができるか楽しみです  ダブルダイヤモンドステッチのカラーをオレンジに屋号はブルーステッチにジェル! 今回の製作は少しだけ派手?だけど販売も海外みたいにも全てセレクトできればユーザーも嬉しいと思います

COMMONERSはキングアンドクイーンの反対の庶民のって意味でスタート 後輩のクラブスタイルは昔だったらガンファイターの部類なんだろうけど販売までにはネーミングを待ってハイバックシートってところだろうか、背もたれの上にもう少し高くなるようパッドつけてエキストラハイバックシートなんてのもいいだろう!まるで車のネーミングだけどw
ということで どんどんグローバル化は進んでいます。