2017年5月16日火曜日

感性の鍛錬のサイン

サインのデザインから製作を受けることがたまにあります
今回は富士吉田のミリオン通りにあるBARセカンドさん
僕自身もよく行く夜な夜な盛り上がってる素敵なお店です。

表をブラックにして中に鏡面をいれてフレームで閉じ込めています
これは内部点灯式ではなく外部からのスポットライトでちらっとキラッと光る
まるで暗闇の琥珀の表面を想像させ分厚い扉を開けて
ウイスキーを飲みたくなる魔法にかかるかかからないかはあなた次第
是非訪ねてみて下さい。

バイク作りの箸休めで感性を磨いています。

2017年5月9日火曜日

激しかったゴールデンウイーク!ご来店ありがとうございました。

僕の好きな数字2!
なんか安心するんだこれが
みんなが目指す一番に対するアンチテーゼみたいなもんで
居心地がいい!
そんな思いで書いてみましたフレームはスチール
縁取りに530ドライブチェーンで囲み壁掛けスタイルのアート



GWは毎日のように訪れてくれるお客さんたちと
明日カレー食べに走れる?的に急にイベント(いつもそうなる)


北杜市にあるアフガンまで約80キロ強
途中の能面道路がのんびりしていておすすめな道

今回はショルダーベーコンエッグにソーセージ
バイクも楽しいカレーも美味しい
素敵なツーリングでした。


2017年4月24日月曜日

山梨の新名所 MY performance


国内はおろかアメリカでもここまで品揃えのあるギャラリーは
ないだろうがしかも全て販売車両で価格付き!
ビンテージのハーレーはもちろんインディアンまで多数在庫
しかもかなりのコレクターズアイテムが安い

ミュージアムと言ってもおかしくない程で在庫の数150台以上
ホントびっくりしました!


驚いたのは40〜50年代のナックル、パンはもちろんだけど
70後期から80中盤のレアなモデルが沢山あり
アイアンの新車からエボの新車まであるのは驚き!
XR1000の新車はびっくり(レプリカだと思った位)

この2台のカフェレーサーのCRもローマイルで極上だけど
もう一台はほぼ新車!1000マイルと見たこと無いほど綺麗で価格も
300万程だから新型をカスタムして作るならこれ買った方が早いし
本物だし、、、


あと80年のWG限定カラーが3台も並んでると泣けてくるな。(嬉しくて)

99までのオリジナルから〜カスタムバイクまで待たずに目で見て買えるなんて
本当に素晴らしいと思う!

もちろん jene でも購入可なので一緒に行って選んでそこから
カスタムの打ち合わせなんて大歓迎です。

一緒にお買い物いきまそう。





2017年3月29日水曜日

2台のカジュアルなバイク

BLUE IRON (ストリート)


BLACK IRON (スクランブラー)


こうして並べると遊び心満載です

今回2台の製作依頼を頂いたのはバイク乗りなら国産外車を問わず
世界的に有名なジーンズメーカーのアイアンハートさん
僕も愛用してるライディングに欠かせないギアを作り出している会社です。

その会社のメインラインのデニムインディゴと黒鎧のイメージバイクとの
名誉な注文でバイク好きでもある原木社長とのディスカッションで生まれたバイクです

ご覧の通りデニムやライダースなどが似合うようにと
より普段着的なカジュアルなバイクに仕上がりました!
メッキや装飾にとらわれずよりシンプルにスタイリッシュに仕上げた
飾らない普段着なバイクです。



今月だけでも3冊の裏表紙や広告掲載されました
是非ご覧下さい。


ちりちりパーマのオッサンはいいとしてバイクとライダースウエアに
注目です。

2017年3月19日日曜日

スタート


今日はシーズン最初のツーリングです!
天気も気温も最高でよかったです、この時期河口湖はまだ寒い感じですが
伊豆方面に向かって走るので暖かいのでは?と期待してます!

わりと真っ黒いバイクが12〜3台で走りますので見かけたら
手なんか振ってもらえれば嬉しいです。

ショップは従業員一同(かなり少ない)で出かけてしまうので
19〜20日はお休みさせて頂きます。

2017年3月7日火曜日

欲しいものだらけ。


最近は長年乗って来たチョッパーは作る楽しみとして
コツコツ仕上げて眺めたりして楽しんでる

さっと乗って休みに仕事に活用できるDYNAがお気に入り
車体なりに大きなバゲッジを載せてもかっこ良く決まるので
常に防寒着やレインスーツ常備できるので出先の雨も気にならなく
ほぼ使用することの無い工具もある(笑

思うに2000年以降のTCのDYNAは工業製品としてとても
バランスが良くノーマルでも十分なパフォーマンスが楽しめる
トルクが旧車なみにあるのに加速は良く車体が軽い
今までのモデルと違うのはブレーキ性能が進化してるので
見た目で社外に変えたいだけで、じわっと止まるのが心地いい

ハンドル回りのスイッチ類もとても品が良くマスターシリンダーでさえバランスよく思えるので変えずにハンドルとライザーのみを変更する人が多い
良く言うクラブ系と呼ばれてるけど、ただのスポーツツアラーだね!
何が違うかというと前後とも16インチのツアラーと違い
フロント回りだけをスポーツ系の19インチに変更されて車高も上げて
ワインディングもぐいぐいイケルツアラーってこと
日本にはもってこいのバイク
しいて欲を言えばもうちょい軽量してダートもいければ最高だけど
この位の車重のおかげで強風にもあおらずにすんでいるので
そこはよし

最近はあちこちでこれ系のパーツが充実してきて欲しいものだらけ!
ビレットホイールにブレーキローターにフォグランプにライザーに、、、
気になるマフラーも、、、
あぁ〜
欲しい。。



2017年2月28日火曜日

Tーバー世代

寒さも和らいできた今日この頃
相変わらず田舎町はのんびりと穏やかな日々を過ごしております
それぞれが楽しいバイクライフを過ごしていることでしょう。

この世界?は刺激が多過ぎてマンネリなんて無縁ですね、、、

私どもの仕事もどんどん高見に向かって

とどまる所を知らず

Tバーの高さは無限に高くなることでしょう。


ハンドルと共にぶち上がったDXのスピードメーターとタコメーターは
まるでミッキーマウスのようで
可愛くてしかたありません。


ローライダーだって負けていません
王道のエイプハンガー辺りと変わらない高さですが
Tバーのスリムさは少し新鮮な感じがします。

決して流行とかでなく時代ですね!
あと30年もすると2020年あたりのスタイルなんて
雑誌で特集されることでしょう!
そのころまでペーパーのが有るかどうかはわかりませんが、、、