2016年9月25日日曜日

やっと晴れた


何日ぶりだろうか太陽がお出ましだ!

初冠雪だ、思うに頂の気温は雪が降る位寒いってこと
恐らく3°以下だったのだろう
真冬が黙視できる環境と考えると面白い
もうすぐ霜が降りる!

もう半袖でツーリングはできないと思うと寂しいが
バイクはやはりジャケット羽織って走れる気温の方が楽しいような気もする

あぁ走りに行きたいと思う時に限って忙しかったりする
今度の休みは行くぞ!って思い仕事に励む
そう思うとその日は大体雨が降る(笑

人生そんなもんだ





2016年9月22日木曜日

秋霖

台風過ぎ去っても雨雨雨!
なんかしばらく晴れ間を見ていないような、、、

すでに夏や残暑などはなく
もう完全に涼しいを通り越して寒さを感じる
富士五湖周辺です。

そろそろストーブのメンテナンスなんかが必要です


もう少し寒くなると鉄が冷たくなるので
今が仕事が捗る季節ですね
食欲、読書、そして物造りの秋

冬の前にいろいろと支度などして
休みの日にはツーリング!

やっぱ走る!これに限るね
ストレート、ワインディング、山や海や川や湖
焚き火にキャンプ

ガソリンと焼けたオイルの匂い

秋霖が終わると
夏よりさらに素晴らしいシーズンがやってきます。

2016年9月16日金曜日

十五夜

十五夜ちょっと見えたな〜
すすきもいつの間にか沢山生えていて
秋を感じます

先日集って秋刀魚パーテーなるものをやってみました
バイクで来た人は一人、、、
それはそうと

刺身で食べたり
炭で焼いてダッジオーブンに放り込んで
ご飯と炊き上げる

これがまたしめじの匂いと相まって
たまらない香りを放って
食欲増進
やっぱ旬の物っていいですよね!




2016年9月5日月曜日

ハーレーで行くONE DAY TOURING PLAN

暇がない
そうは言っても一月に1日位はあるでしょ

オフシーズンはともかく
今の時期は月に一度は近場にツーリングしてます

冬の半年近くバイクに乗れない地域に住んでる人はそんな焦りが、、

今回は下道で200キロ強ハーレーで
草津
行ってみました!

そこから滋賀草津道路(5月〜11月まで通行可)国道292号線
横手山を越えて長野県は信州中野まで
一番高い所は標高2172メートル
緩やかなワインディングの続く約60キロは信号が無く
晴れていれば景色も良く
まるで天空の道だ

だけど少し寒い
完全に涼しいを通り越してる

活火山なので途中は硫黄の匂いがたちこめている

100メートルで約1°低いので
東京からだと約20°程低いのだろう

草津の湯畑
辺り一面温泉で雰囲気もいい

中でも無料温泉は約19カ所あるらしいが観光客が入っていい場所は
限られている、詳しくは草津ルールをググると良いでしょう
しかし良い湯!てか暖かい!てか熱いよ(笑


せっかく長野まで来たらついでに秘湯探して入って見ましょう!

えっ
どこかって?
それを言ったら秘湯とは言えませんね

旅は自分で作るもの

関東一日ツーリングプランです!

プロの写真でも文章でもないただのバイク好きのブログですが
行ってみたいな〜なんて思ってもらえたら光栄です。






2016年8月21日日曜日

朝の散歩

 富士五湖では夏のレジャー真っ盛りで
山中湖、河口湖、西湖あたりは人でいっぱい

最近は本栖湖に遊びにくることが多いかな
ここは水の透明度が良くて魚が泳いでるのが見える

わずかなキャンプ場以外は民家も無く
生活排水が無いからか、、、

カメラを水の中に突っ込んでみると
魚見えるんだけど
手では取れません

他の湖と違って釣り人は見かけないけど

サップ、ウインドサーフィン、シーカヤック、などそれぞれ
楽しそうでやりたいな〜なんて感じで

バイクで走っては水辺に足突っ込む程度で
湖を楽しんでます

2016年8月16日火曜日

こんなバイクあったらいいな!

チョッパーやカスタムバイクというカテゴリーのバイクを所有していて
イベントやツーリングなどで楽しんでいても
ちょっと遠くに旅に出たいけどパッキングが、、なんて時ありますね
荷物積んだらフェンダーのペイントが傷つくし
キャリア製作したりとか、、何かと面倒だったり

それなら始めからデザインしてしまえば
どっちも楽しめるバイクになるのではというコンセプトです

ベースはXS650
この時点で信頼の日本製
ディテールはチョッパーで逆輸入のリジットフレーム
ワンオフパーツで大きさ長さ高さ幅などは黄金比に設定

一応旧車なので
可動部分や消耗品等は入手可能なストックパーツ
現時点ではバッテリーレスだが標準バッテリーを装着できて
セルスターター仕様になる



シーシーバーはヤマハのインターラインをデザインしてキャリアにも
使えるフック多数で大きめクラスのテントやシュラフでも
こんな感じのバランス

キャリア部分もスチール製で
切断加重が1.5トン×2なので10キロ位は楽に50年間積めるだろう(鉄の寿命50年)
スペシャルなペイントも傷めません

EXパイプはフレームインしてあるので
サイドに振り分けバックを装着すればかなりの長旅が出来る

コンパクトでありながら積載量は満載
ポジション的には背もたれにもなり,ますます楽しい旅を彷彿させる

こんなバイクあったらいいな!

素敵な旅をサポートします
JENE CHOPPERS

2016年8月15日月曜日

行きはよいよい北海道

フェリーでたどり着いた青森では
ねぶた祭の前夜
港の公園はライダーとチャリダーにキャンプスペースとして無料開放
されていると聞いていたけどさらに南下することにした


寄り道して南三陸から女川まで走ってみた
南三陸はまだ傷跡なまなましく
海の綺麗さが不思議な青さを放っていた

女川は復興の真っ最中で何処にも震災を思わせるところは無くなっていた
国道はトラックとダンプがほとんどでむしろ我々は邪魔であろうと察した
海沿いは渋滞が激しくさらに南下することは難しく
再び東北自動車道へと

仙台から高速に乗ると
かつて無い程の大粒の雨が冗談のごとく降り続いた
曇り止めの効いたフルフェイスでもワイパーが無いと視界が厳しく
60キロでハザードをつけながら止まらずに走り続け

家路に着いたのは午前3時少し前だった



今回の北海道はわりとピンポイントで選んで来たので
3378キロと少ない走行距離ですんだ

行きは晴れ帰り大雨洪水注意報
まさに行きはよいよい帰りは恐いだ。

また一つ
モーターサイクルの素晴らしさとあり方を学んだ旅だった。