投稿

SPEEDLINE

イメージ
チョッパー製作につきもののシートベース 俗にいうグラスファイバーを樹脂で固めたものです 本来であれば金型で樹脂を流し込んで作るのが理想ですが 一台一台違うフェンダーやフレームなのでワンオフするしかありません 用意するのはファイバーマット、ファイバークロス、樹脂、硬化剤、アセトン、洗浄用バケツ、ローラーなど 車体にはガムテープやビニールもしくはアルミホイルなどを用意て脱着できる面!を作ります、今回はガムテープ一本を使用
一枚めクロスで2枚目から450マットを3枚ほどで合計4枚 これで十分な強度が保てます 画像は貼り終わった状態でほどようく乾いてからカッティング用にあらかじめセンターにラインを描いておくと対象に成形しやすいです。
成形したら缶スプレーなどで黒くペイントするとシートのデザインを考えるのにイメージしやすいです。
今製作してる65の C H 細身のエンジンはチョッパーに最適 仕事の合間にコツコツと作り続けて1年は経つだろうか、、 結構なレアパーツも揃ったしワンオフもできた、あと少しパーツを変更して、、 細身でサス付きでシートのデザインを楽しみたいお尻に優しいチョッパーでも かっこいいんだっていう脱リジット至上主義!
仮名:SPEEDLINE
とでもしときます。。
完成したら店先に展示しますので是非見に来てください!
ていうか途中経過でも見れる店内なので遊びに来て下さい。



FXRハイバックシート

イメージ
FXRシート第二弾 FXR自体は40年近く前のモデルですが現行モデル同様にスピードクルーザーやクラブスタイルなどのベースで人気のある車両です、がしかし国内では圧倒的にコブラシートやキングアンドクイーンが人気ですがこんなスタイルも世界中でブレイクしています
海外のinstagramなどではアクロバティックなライドで立ち上がったりフリロントupなどのシーンで欠かせないアイテムになってます、海外の製品は昔のシートと比べるとスポンジはとても硬くまさにスタンドupシートという感じで、長めのランだと少しお尻が痛いのでオーダー時にほとんどが耐震ジェルを入れてます 僕のダイナも海外製のジェル入りスタンドupシートですが長距離はやはり痛いですね! では何のためにジェル?と思いますが、耐震!要するにクッションではなくVツインのすこぶる振動によるシビレ!!これには効果絶大ですねw あと太陽で温められたあと乗るとずっと暖かい気がします。
これが日本製のジェル! 1センチぐらいの厚みでプニョプニョして気持ちいいです、海外製の立ち乗りシートよりはロングライドよりにやや硬めぐらいのスポンジなのでどんな体感ができるか楽しみです  ダブルダイヤモンドステッチのカラーをオレンジに屋号はブルーステッチにジェル! 今回の製作は少しだけ派手?だけど販売も海外みたいにも全てセレクトできればユーザーも嬉しいと思います

COMMONERSはキングアンドクイーンの反対の庶民のって意味でスタート 後輩のクラブスタイルは昔だったらガンファイターの部類なんだろうけど販売までにはネーミングを待ってハイバックシートってところだろうか、背もたれの上にもう少し高くなるようパッドつけてエキストラハイバックシートなんてのもいいだろう!まるで車のネーミングだけどw
ということで どんどんグローバル化は進んでいます。

価格改正について

イメージ
ロングセラーのFXR COMMONERS SEAT 80~90年代のゴージャスな純正シートのボタンダウン仕様でありながら 足つきの良さをを最大限に引き出してますそれでもクッション性をスポイルすることなく ホールド性にも優れています
FXRのノーマルタンクに幅をマッチングさせているので純正スタイルでもカスタムでもどちらにも合う仕様になってます

リアのホールドはフェンダーのシート穴に合う錆びないステンレスプレート
フロント部分はステンレス製でタンクのHAT BRACKETにはめ込めます
HAT BRACKETが付いていない時にはご注文ください 別途¥1200(税別)で販売します
ブラケット部分の強化やベースの改善などで今年から物価の影響もあって ¥56000(税別)で販売していたシートを ¥59500(税別)に値上げすることになりました何卒ご承知くださるようお願い申し上げます。


私のツインカム

イメージ
冬のメンテナンス パンヘッドともなるとほとんどがマッチングでないのは当たり前ですが 直してしまえば下手なマッチングより良くなってしまいます ケースはもとよりフライホイールやシャフトまで年式違いが横行してる古い車両は 元に戻そうとするとびっくりするぐらいお金がかかる話をよく聞くので それなりに年式の互換性を臨機応変にして修理するのが良いです。

メインベアリングもレース毎交換ですね2020年中に乗れるでしょうか、、、 私の乗ってるツインカムはこんなことありません。。 まぁのんびり丁寧に仕上げましょう



こんどはケースが年式違いのショベルヘッド NCで内径を削ってクリアランスを取るところから始めます
フライホイールがケースとのクリアランス紙切れ一枚入らなく全面接地してどの場所でも 止まる状態からの修理 もちろん私の乗ってるツインカムはそんなことありません。。
下がアフター これでオイルが入っても抵抗なく回ります

こんな状態でも直してしまえば素晴らしいエンジンです! これでツインカムと渡り合えるでしょうw

これローターを逆に組んでマグネットが邪魔しないようにしてメインベアリングの クリアランス後にスリーブもワッシャーも寸法調整してテストします、何度も外しては組み込み削っては計測してとても面倒ですがこれをしておけばトラブルは減ります プーリー締め付けてからコンロッドが下からスルッと抵抗なく上がって来れば どこでベルト交換してもキックが重くなるとか調子が悪くなったりしません。
もちろん私の乗ってるツインカムはこんなことは無用ですが、、
時間もお金もかかるけど修理さえすれば旧車は素晴らしいですね。

こだわりのハードワーク

イメージ
ダイナのガソリンタンクを加工してみました 寸法を出して比べてみると わずかですが両側1インチずつ幅が狭いのです

そのわずかな差でシルエットが全然違います もちろん燃料は減りますがカッコイイこと間違いないでしょう
後ろ側もわずか1センチ! 多分誰も気がつかないと思う

なんとか仮止め! こうみると全然違います ワクワクして仕方ありません!


興味のない方には到底理解できないでしょう でも
これがこだわりってやつです

今年もよろしくお願いします

イメージ
新年明けましておめでとうございます
2020は1月4日から営業しました
まずは昨年の修理塗装から 2件連続でフィニッュ! T-カウルは樹脂製なのでえぐってしまうと修復は難しいです
樹脂パテを使うほどでもなかったのでポリパテで 硬化時間を多分にとり
バッチリメタリックが馴染みました
どこが傷だったのかわかりません。




続いてこちらは 94年あたりのボブフェンダー これはオリジナルペイントなので厄介です!
というのは上手く調色できてもサンバーストで変色してるので 出来上がった塗料に一工夫して合わせました 部分的に修復してボカし 仕上げに修復箇所以外は傷を残し軽くトップコートで仕上げました!



チョッパーからオリジナルの復元まで幅広く対応させて頂いてます
地味な仕事から派手なショーバイクまでお気軽に問い合わせください
2020年も皆様のバイクライフがワクワクさせるようなお手伝いをできれば幸いです。




MADE IN JAPAN

イメージ
FXRPポリスバックのレプリカを手がけてます オリジナルは言わば外国の警察の白バイの違反切符入れでして そもそもそんなに丈夫ではありませんので古くなってるのもあって 高額で取引されてる割にはボロいと思います
なのでクオリティー重視で!
なんとかマスターモデルが完成しました! 我ながら時間をかけて良いものができました
これから型作りを進めてレプリカができたらマウントの製作して できればFXRだけでなくDYNA用のマウントも作りたいな、、
出来上がったらカラーリングしたりして楽しみです!
MADE IN JAPAN