投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

2017道東への旅 最終日船中泊編

イメージ
帰りは下道国道12号 ここは寄るだろうとうきび屋 甘さ半端ない小¥150

どんだけ走ったのか初の苫小牧フェリー目指すこと 全く着かないがとにかく走るのを楽しんだ!
何とか間に合い乗船10月から一気に価格が安いので 初の豪華客船に!安いと言っても一人¥19000位 青森ー函館の¥5000と比べると3倍以上 まあ一泊付きなので仕方ないか、、 ベッド付き大浴場付きピアノ演奏付き食事はバイキング 寝てれば仙台まで行ってくれるし あまり揺れないw

そうなれば乾杯だ! 実にゴージャスだ! 疲れが楽しさに変わって行く こんな旅もありだな、、、支払いが恐いが。。
仙台着いたらお決まりの雨ですよ! 福島辺りから晴れてるみたいだから 頑張れ〜
到着!!! 感無量(いつも) 今回は仙台もあったので北海道滞在が5日船中一泊となった かなりタイトだった! 苫小牧から仙台まで820キロずるしたので走行距離は約2500キロ もちろんトラブルは無い
この旅で何かを得たとしたら ハーレーで旅するのは本当に楽しい
MOTOR CYCLE MAKES A MAN


2017道東への旅 アイヌコタン編

イメージ
屈斜路湖後にして阿寒湖アイヌコタンまで1時間ぐらい すっかり写真撮り忘れ 昼飯店の名前は確か宇宙人? 以前食べて感激したコタン丼満足!

阿寒湖後にして旭川まで激走!! 日が暮れる前に行かなければと走るもこの後気温2°の大雪山越え! 真っ白の層雲峡は写真などとる余裕も無く寒かった! いや〜10月の北海道はこんなか?と思い知らされた。

まいど訪ねるスターモーターサイクルさん達との宴 ジンギスカン鍋 もちろん写真など撮る間もなく最高の食事でした ありがとうございました!
翌日の旭川 今日帰るのにいきなりのポカポカ陽気! 昨日までの寒さはなんだったのか? 旅とはそんなもんである。
探すのも困難だろうとも思われる民家の食卓は奥芝商店 やっと本物のスープカリーでランチ
海老祭りとやら これ本当に美味い美味すぎる
トドメのアイヌ記念館 色々と勉強になったし自然と調和して生きる民族になぜか インディアンと重なってみえた。
あ〜帰りたくない。。

2017道東への旅 屈斜路湖編

イメージ
早朝釧路を後にして 湿原にて休憩
途中必ず通る弟子屈では分かれ道の弟子屈ラーメン
今回は日程があまり取れなかったのでここ屈斜路湖が最東端となる キャンプ場もこの週で今シーズン最後の週 それでも回りはライダー達がいて寂しくはなかった。

砂利にペグがゆるくて気にはなったが買い出しから戻ると ヘリノックスのテントが吹っ飛び即席ラーメンカラスにやられた! 純正のペグは短いので今度長いペグも必要だ ここは一台450円

気を取り直してテントから見えるすぐ横のかけながし温泉 もちろん無料もちろん混浴 夕方になると地元のじーさんばーさんが賑わうので 方言が聞けてナマラほっとする
5時に朝風呂行こうと起きたら日の出 やはり北海道の日の出は早い! 今日も走るぞ〜!
続く

2017道東への旅 帯広編

イメージ
函館出発して走り続けて釧路まで行く予定ではいたものの 連日走り続けての500キロ越えはきつく250キロ地点の 苫小牧辺りでキャンプして再び走り出す
キャンプ場を出て帯広に着いたのが遅めのお昼時 とりあえず帯広と言えば豚丼少し混んでる店で食す!

釧路目の前にして日が落ちそうだ! 左から一直線に迫って来る雲 まるでこの世の終わりに吸い込まれそうな初めてみる風景 遅い到着でキャンプはきついのでホテルをチョイス 予定は組まないこといつでもスイッチ出来る判断が旅には必要だ

久々の町 少し歩くもなんともいい雰囲気の炉端発見!

我ながら良い嗅覚はある物の一切値段の表示されてない店 まぁおばあちゃんが焼いてる位だから 会計まではドキドキしたw
とは言えやっとの思いで道東にたどり着いた 2日で約600キロ このくらい無理しないと道東は1週間ではきつい
ベッド最高。。

2017道東への旅 函館編

イメージ
パッキングして準備オッケー! と思っらリアブレーキアームのクリップが飛んでいて 前夜にマフラー外して修理!

仙台からの函館はいつもよりすぐ着いた! 今回は夜の函館なのでカプセルホテルを見つけた 関東とは違いまるで部屋 料金も一人2500円と安くて広い さすが北海道

朝起きて いつもスルーの函館 今回のミッションの1つ ラッピ!(ラッキーピエロ) 10時開店からごったがえしていました 広い店内には太った人が沢山書かれた絵が所狭しと飾ってあり とても居心地がよく何時間でもいれそうな良い店
そして憧れのチャイニーズチキンバーガー これこちらではザンギという鳥の唐揚げだ! そこにたっぷりのマヨネーズにレタス 想像してみて下さい まずいわけがない
値段も350円位だったと思う こんな店が本州にあったらヤバすぎる が 安心して下さい この店函館以外にはありませんサッポロにも何処にもありません 食べたきゃ函館に来いってなもんです
どんなに太っても食べに行きます あ〜函館で暮らしたい

SCS仙台ツーリング

イメージ
じわじわ盛り上がってましたチョッパーショー
これ欲しい
私のベストショベル
これセンスいいな〜 なんらかのアワードもらってました。
村はずれで楽しんでおりました
仙台のスタッフの皆さん 楽しいイベントありがとうございました。