ICM


29000キロで逝ってしまったXLのICM(モジュール)
修理と言うには程遠い交換!
ただ差し替えるだけ。

片肺になってからここにたどり着くまでに
各コネクターのピンの接触のチェックから
システムリレーの交換、

インジェクターも危うく交換すれところだった!

トリップメーターの表示は燃料計のトラブルの表示
インジェクションモデルは燃料計といっても沢山あるし

普通は順序的には安いパーツから交換していく方が、、、

結果一番高いメインコンピューターが故障と判明!

コストは約13万とセキュリティーの書き込み代金から
品物を交換してからの車体で行う設定!
言わせてもらえればまるで携帯電話です。

メンテナンスフリーは便利でいいが代償はマネーですねw

ああ プラグとポイント背負って走ってた頃が懐かしいけど

もう戻れない自分がいる

スマホからガラ系にってなかなかね(笑




コメント

このブログの人気の投稿

HAPPY SQUAD

休日は天国だ

JMがやって来た!