2014年2月6日木曜日

個性とはいかに。

  茨城県を出生地として南に流れ流れて山梨に生息しておるわけですが、、、

時々思うんですが

カスタムとかメカニックが沢山

子供の頃から気がつけば回りにいた

近くに筑波サーキットがあり

子供の頃からチャリンコで行くとおいちゃんにパドック入れてもらったり

中学に入るとチャリのハンドルを

鉄パイプをつかって鬼ハンにしたり、、、

それぞれがバイクも自分でいじってた

失敗もしたし

とてつも無くセンス悪い奴もいた(笑

でも

みんな個性に溢れ

素晴らしいバイクやクルマを沢山見たり

作業を手伝ったり逆だったりして過ごした

それが当たり前に過ごし

カスタムカー(シャコタンとも言った)に着手する頃

目指すステージは富士スピードウェイ!!

グランドチャンピオンシップ!

エントリーではなく

ただ

パーキングのギャラリーの前で目立つだけ

80年代中盤

エアロパーツで武装したジェミニやRX7に

マフラーエンドを30センチぐらい

上に2本そろえて出した先輩がいた!

クールだったと覚えてる


その後気がつくと、、、

一年後には

なんと

マフラーが1メーターぐらいになってた

それが竹槍とか煙突マフラーとやがて言われ始めた

そしてクルマやめて上京して

30年の月日がたち

カスタムの故郷茨城県は、、、

どうなっているのだろう?と

気になっていた





つい先日友人から送られた画像

それを見て旋律が走った


それはある意味

ずば抜けた個性派ぞろいの土地柄なのか

なぜか安心したのであった。


お待たせしました

どうぞ


3段シートも
マフラーも過激になってる

エビテールと言うらしい


素晴らしい

誰かハーレーで造りませんか?

お待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿