情熱のキャストパーツ

パットケネディーズのスピリットローラーロッカーを手に入れた

例えばこういう物はオーダーしてもて買えない

いくらお金をだしてもだし、誰もがネットオークションやってるわけでもない

多くのエンスーやマニアなどは余計に売りたがらないしね

縁というべきだろうね!

偶然とも言えるけど一纏めに縁だと思う

特にビンテージのバイクなどは買ってると思ってるのは本人で

実はバイクに選ばれてるなんて言う言い伝えさえある


クールで高性能なビレットも高価だけどジャストフィット

ところがこのキャストの鋳肌は暖かいよね!

今ビレットパーツも特殊な研磨でわざわざキャスト風にしてる製品もあるね

穴は合わないし形もずれてるがこれを合わせて

一台のエンジンに組み合わせるだけでも至難の業

これをいくら〜なんて簡単に言う人いるけど

高価なビレット上回るのは目に見えてるよ!

お金に換算するからおかしくなる世の中なのかな?

超リストラ、冷たく正確無比なロボット、ステレオタイプ

じゃぁこの先この暖かいキャストが流行る時代がくるか?いやそんなことは無いと思う

さらに進化したビレットの時代がそこまで来てる

要するにこの暖かいパーツは過去の産物を通り過ぎてビンテージの価値が出たもの。

想いはつのって手に入れたものの、、、

他にも組み合わせるパーツも情熱の80年代もの

当時と違いこのスピードの時代に1台4〜6年がかりで作り上げる

情熱が今の自分にあるのだろうか?

そしてそれが一体なんになるのかさえ分からないのに

ただ自分を奮い立たせるならそうパンでもナックルでも流行でもなく

チッョッパーを作るんだという気持ちかな、、、ふぅ〜〜

のんびり行きましょ(笑







コメント

このブログの人気の投稿

2台のカジュアルなバイク

山梨の新名所 MY performance

CUSTOM FRONT